NEWS

中国、これまでにオゾン層破壊物質28万トンを削減

3

 17日、北京で、生態環境部と国連環境計画の共催による「中国国際オゾン層保護記念大会」が開かれました。

 ここ数年間における中国のオゾン層破壊物質の削減量は発展途上国全体の半分以上を占めており、会議で、中国はグローバルな気候変動への対応に貢献していると高く評価されました。

 また会議で、生態環境部の趙英民副部長は「中国は1991年に『オゾン層を破壊する物質に関するモントリオール議定書』に加入して以来、これまでに28万トンのオゾン層破壊物質を削減し、議定書の実施に重要な貢献をした」と述べました。また、「今年7月から、全国範囲でオゾン層破壊物質の削減活動が展開されており、規制対象物を生産もしくは使用した場合は厳しい態度で臨んでいる。今後も議定書に規定された義務を履行し、クリーンでエコな発展を持続させていきたい」と強調しました。(非、森)

コメント:

コメントはありません