NEWS

今年上半期の中国人観光客 同期比21%増=露連邦観光局長

 ロシア連邦観光局のオレグ・サフォノフ局長は6日、上海で、「今年上半期、ロシアを訪れた中国人観光客の数は去年同期比21%増となった。観光分野での両国の協力の見通しは明るい」と述べました。

 この日、ロシア観光プロモーション・イベントが第1回中国国際輸入博覧会会場で行われました。これに先立ち、サフォノフ局長は記者のインタビューを受け、「輸入博覧会は規模が大きく、多くの分野から代表者が参加している。このチャンスを利用してロシア各地の観光資源を紹介していきたい」と述べました。

 サフォノフ局長はまた、「去年、中国を訪れたロシア人観光客は延べ200万人以上に達し、前年同期比19%増となった。一方、ロシアを訪れた中国の観光客は延べ150万人で、前年同期比14%の成長を見せた。また、今年上半期、ロシアを訪れた中国人観光客は延べ66万7000人に達している。これらはいずれも、両国の観光業における協力関係が前向きな発展を遂げていることを示すものだ」と述べました。(玉華、む)

コメント:

コメントはありません