NEWS

「大洋一号」48回目の海洋科学調査を終え青島港に帰還

 遠洋科学調査船「大洋一号」が、中国の海洋での48回目の科学調査任務を終え、7日に青島港に帰還しました。今回の航行では、中国が自主開発した無人潜水艇「海竜11000」を用いた6000メートル級の潜水試験も実施されました。

 なお、「大洋一号」は今年7月31日に青島を出発し、100日間かけて1万3000海里を航行したということです。(鵬、謙)

コメント:

コメントはありません