NEWS

日本代表前監督の西野氏、中国サッカーにアドバイス

图片默认标题_fororder_561914541

CRI記者の質問に答える西野朗氏(左)

 中日青少年交流活動のため北京を訪れたサッカー日本代表前監督の西野朗氏が12日、中国国際放送局(CRI)のインタビューで、中国サッカーにアドバイスし、アジア杯に出場中の中国代表チームにエールを送りました。

 アジアトップレベルの日本サッカーの成長経験から、中国サッカーの参考になるものはないかという質問に対して、西野氏は「レベルの向上は一朝一夕にできることではなく、底辺にある育成世代、子どもの世代からのピラミッド型のシステムを構築していかなければならない。土台と組織をしっかり作り、そして質を上げて取り組んでいくことが必要である」とアドバイスしました。

图片默认标题_fororder_1904013870

西野朗氏

 西野氏の親友である岡田武史・元日本代表監督が中国リーグのクラブでも指導していることから、西野氏の中国で指揮を執る可能性については、「サッカーの指導者たるもの、もちろん高いステージを求めていく。中国の今後の可能性に対してとても興味があり、自分の仕事に対する価値観も高いものを持っているので、ぜひオファーがあれば、考えてみたいと思う。ただ、自分の指導観とクラブとのビジョンや哲学的なものが合致したサッカー観がなければいけない。クラブ愛、チーム強化についての共感ができれば、中国チームで仕事をしてみたい」と述べました。

 そして、アラブ首長国連邦で開催中のアジア杯については、「アジアのW杯なので、非常に厳しい戦いが展開されている。もっともっと世界基準の中で戦えるアジアになってほしいと思うので、いろいろな形で各チームがしのぎを削ってほしい。特に、少し低迷している中国チームは、現在2勝しており、良いスタートを切っていると思うので、ぜひ旋風を巻き起こしてほしい」とエールを送りました。(文:斉鵬、写真:王小燕、李陽)

コメント:

コメントはありません