NEWS

民族楽器劇『三蔵法師は西へ』米ニュージャージーでも公演

图片默认标题_fororder_c0781feb448e625a3ad4952e54d2758f

 中央民族楽団によるミュージカル『三蔵法師は西へ』がこのほど、米ニュージャージー州ニューアーク市で上演されました。この公演は、ワシントンのジョン・F・ケネディセンターでも1月25日から27日まで行われました。

 楽団の奏でる音色に合わせて、1300年前に三蔵法師・玄奘が命がけでインドを訪れ、尊いお経を持ち帰る物語が演じられました。

 ストーリーにあわせて民族楽器の簫や筝、琵琶、揚琴などが次々と登場し、かつての西域の光景を演出するとともに、三蔵法師の不屈の精神を表現しました。

 この公演は「中華風韻」プロジェクトの一環で行われたものです。同プロジェクトは2009年にスタートした、西洋の人々に中国の伝統文化への理解を深めてもらうためのもので、これまで数多くの演目を欧米各地へ送り出しています。(閣、謙)

コメント:

コメントはありません