NEWS

シドニーにも春節が 南半球最大のドラゴンボートレース

 オーストラリアのシドニーで、中国の旧正月(春節)を迎えるためのイベントが行われています。このイベントの締めくくりとして旧暦の新年5日目(今年は2月9日)に行われるドラゴンボートレースは、南半球で最大規模のものとされています。

 旧正月の5日目は「破五」とも呼ばれ、各種の禁固から解放される日、そして、「財の神様を迎え入れる日」とされてきました。迎え入れる形は各地方によって様々ですが、その一つが、ドラゴンボートレースの実施です。

 シドニーでは9日に、市中心部にあるダーリングハーバーで、政府主催のレースがスタートしました。2日間で100レースが実施され、参加選手は約3000人に上ります。

 クローバー・ムーア市長は「ドラゴンボートレースは、旧暦の新年を祝うこの街の重要な要素になっている。激しいレース以外にも、獅子舞やお年玉などに関する、素晴らしいイベントが用意されている。ぜひ見逃さないでほしい」と述べました。(朱、謙)

コメント:

コメントはありません