NEWS

中国国連次席大使、テロへの共同対応を呼びかけ

 国連に駐在している呉海涛次席大使は11日、安保理の会議で、「国際社会は運命共同体意識を高め、テロの脅威に備えて連携を強化するように」と呼びかけました。

 呉次席大使は「テロは全人類の敵であり、どの国も単独では対応できない。このため、認識をあわせて一致団結する必要がある。国連憲章の主旨や原則を守り、当事国の主権や加盟国の責任を尊重し、国連や安保理はリーダシップを発揮して、安保理の決議や国連のテロ対策戦略を実行していくべきだ」と述べました。

 また、呉次席大使は「テロの根源を断ち切るように」と呼びかけ、「国際社会は国連加盟国の発展を支援し、政治的手段を通じて問題を解決すべきだ。新たな国際関係の構築に取り組み、様々な文明や宗教の間で対話を促進し、テロを特定の国や民族、宗教と結び付けず、発展途上国を支援し、加盟国のテロ対策能力を向上させるべきだ」と指摘しました。(殷、森)

コメント:

コメントはありません