NEWS

第2回朝米首脳会談の順調な開催に期待=外交部

 外交部の華春瑩報道官は12日に北京で開かれた定例記者会見で、「朝米双方が歩み寄り、互いの関心事項に対応することで、2回目の首脳会談がスムーズに開催され、前向きな成果を収められるよう期待する」と述べました。

 このほど、モスクワで中露北東アジア安全保障協議が行われ、双方は直近の半島情勢について話し合いを行いました。これに関する記者からの質問に対して、華春瑩報道官は「中露双方は、半島情勢が今、対話と緩和の方向に向かっているという見方で一致しており、朝米が対話による問題解決に尽力することを積極的に評価している。我々としては、朝米双方が歩み寄り、互いの関心事項に対応し、第2回首脳会談がスムーズに開催され、前向きな成果を収められるよう期待している。中国とロシアは、朝鮮・韓国双方の関係改善と和解、協力の推進を期待し、今後も半島問題の政治解決プロセスのために共同で努力していく」と紹介しました。(Yan、謙)

コメント:

コメントはありません