PICK UP

中国自主開発浚渫船「天鯤号」が処女航海へ=江蘇

图片默认标题_fororder_E-0314(图片)

 アジア最大の自航式ポンプ浚渫船とされる「天鯤号」が12日、江蘇省連雲港から出航しました。これにより、中国が独自に開発、製造した大型浚渫船が活動を開始することになります。

 この「天鯤号」は、現役ではアジア最大のポンプ浚渫船「天鯨号」のアップグレードバージョンで、船体は全長140m、幅27.8m、最大掘削深度35m、ユニット効率25843キロワットで、1時間あたりの設計掘削量は6000㎥に達するもので、現時点で、アジアで最大かつ最先端、世界でも最高のスマート化レベルを有する自航式ポンプ浚渫船とされています。(朱 む)

图片默认标题_fororder_E-0314(图片2)

コメント:

コメントはありません