NEWS

B20開幕、グローバル経済のガバナンスに注目=東京

 主要20カ国・地域首脳会議(G20)の一環として開かれるビジネスサミット「B20」が14日、東京で開幕しました。ビジネス界の関係者がグローバル経済のガバナンス、国際貿易や投資ルール、デジタル経済などについて2日間にわたり話し合います。

 日本の麻生太郎副首相兼財務大臣が挨拶で、「G20はリーマンショックの後に重要な役割を果たし、世界経済の安定を守ってきた。世界経済は今、下振れ圧力が大きくなり、保護貿易主義が台頭している。G20の重要性が増しており、国際的な経済協力がこれほど重要だったことはない」と述べました。

 また、日本経済団体連合会の中西宏明会長は「世界経済の将来性などについて話し合い、グローバル問題の解決策を見つけ出してほしい」と述べています。

 今回のB20はまた、世界貿易機関(WTO)の改革、公平かつ公正な競争環境の改善などについても話し合います。巨大IT企業を対象とした「デジタル税」については、世界的に統一したルールを制定し、バラバラな対応は避けるべきだと主張しています。さらにビッグデータの活用にも注目し、国際間のデータの移動とプライバシーの保護を両立する枠組みを各国で整備するべきだと主張しています。(Yan、森)

コメント:

コメントはありません