NEWS NEWSの左側用

「第40回周桜観桜会」が創価大学で開催

満開の周桜

 「第40回周桜観桜会」が7日、創価大学で開催され、教職員や学生、一般市民など約500人が参加しました。中国の南開大学や、大連工業大学からの留学生10数人も出席しました。

 1974年12月、周恩来総理は第2回訪中した創価大学の創立者池田大作氏と会見した際、「もう一度日本の桜を見たい」との思いを伝えたということです。翌年、創価大学は新中国初の留学生を受け入れました。池田氏は留学生と共に桜の苗木を植え、「周桜」と命名。さらに、1979年の春、周総理夫人の鄧穎超女史の訪日を記念するため、池田氏は自ら「周恩来桜」と「鄧穎超桜」を植樹し、「周夫婦桜」と名付けました。あれ以来、「周桜」と「周夫婦桜」は中日友好のシンボルとして創価大学のキャンパスに深々と根を張り、毎年美しい花を咲かせています。

日本舞踊と箏曲のコラボ

 1979年4月、中国の歴史・文化の研究や学生交流を行う創価大学中国研究会の学生と当時の中国人留学生が「花見の会」として開催したのは、第1回周桜観桜会です。その後、2011年の東日本大震災のため1回中止された年以外、毎年のこの時期に開催されるようになり、今年で40回目の周桜観桜会を迎えました。

 この観桜会には、創価大学の卒業生である程永華駐日大使をはじめ、日本駐在中国大使館から29名の外交官も出席しました。程大使は母校に対する思い出、創価大学との縁などについて熱く語りました。

沖縄伝統舞踊

 また、創価大学の日本舞踊部、箏曲部、「イチャリバチョーデーズ」と呼ばれる沖縄伝統舞踊部の学生たちは華やかなパフォーマンスを披露し、参加者を楽しませてくれました。(取材・写真:東京特派員ZHL)

第40回周桜観桜会集合写真

周桜の下で

コメント:

コメントはありません