NEWS

竹が園内を飾る「竹の目」=国際園芸博

图片默认标题_fororder_J1

国際竹藤園(撮影:人民日報・賀勇)

 緑色の花園の中に建築物や竹で作られた構造物、飾り物など一体となっている国際竹藤組織パークがあります。ここは2019年北京国際園芸博覧会で41ある展示パークの一つで、「竹の目」とも呼ばれています。

 「竹の目」は孟宗竹5000本以上で構成され、アーチ型屋根の径間は32メートルあり、中国北方地区では最大となります。使われている孟宗竹は特別な技工で加工したため、30年間も持つということです。また、園内にはまだら竹、クロチクなど20種類以上の竹が植えられています。(殷、星)

コメント:

コメントはありません