PICK UP

農家の石コレクター、拓本とって一万点=石家荘

图片默认标题_fororder_J3-1

 施栄珍さんは河北省石家荘市正定県で農家を営んでいます。施さんは1990年代から墓誌や、石に刻まれた土地売買契約などに興味を持ち、収集を始めました。同時に、拓本をとる伝統技術も学び、現在では一万点以上もの拓本を制作しています。石碑、レンガ、瓦なども合わせたコレクションの数は400点余りに上ります。(閣、謙)

图片默认标题_fororder_J3-2

图片默认标题_fororder_J3-3

拓本を作る施栄珍さん(4月18日 撮影:新華社記者 陳其保)

コメント:

コメントはありません