NEWS

今年の5月連休、特徴は有給休暇とあわせた「大型化」

 中国では来月1日のメーデーから4連休となります。有給休暇とあわせて8日間や9日間といった大型連休にして、海外旅行に出かける人も目立ちます。これが今年の5月連休の特徴にもなっています。

 大手旅行情報サイトの「去哪児(Qunar)」は主な海外旅行先をまとめ、移動日も含め3日間の場合はシンガポールや韓国のソウル、4日間の場合は台湾の台北やインドネシアのバリ島、5日間の場合は日本の大阪やマレーシアのクアラルンプール、6日間以上ならタイのバンコク、日本の東京、UAEのドバイなどとなっています。

 また国内旅行では、高速鉄道の人気が高く、浙江省杭州と安徽省黄山、四川省成都と重慶、広東省広州と湖北省武漢を結ぶ路線などはすでにほぼ満席となっています。(鵬、森)

コメント:

コメントはありません