AUDIO・VIDEO

<アジア文明対話>アジアが愛した『西遊記』(映像)

 中国古代文学の名作である『西遊記』はアジア諸国の人々にも広く知られ、喜ばれています。複数の言語で翻訳され、さらには多くの国がこの作品をモチーフに、各国の特色を持った映画やテレビドラマなどの映像作品を制作してきました。

 同じアジアの隣国であるベトナム、日本、韓国、インドの人々は、西遊記のどの登場人物が好きなのか。中国で孫悟空を演じた最も有名な俳優である六小齢童(リウシャオリントン)さんは、世界の様々な西遊記作品をどう見ているのか。そして、アジアの人々は、アジアの文化交流にどのような期待を抱えているのか。

 その答えを、映像でご覧ください。(HJ 謙)

コメント:

コメントはありません