NEWS

習総書記、身障者事業の優秀代表と会見=北京

 「第6回全国自助模範及身障者扶助先進人物・グループ表彰大会」が16日、北京で開かれました。習近平中国共産党中央総書記、国家主席、中央軍事委員会主席は人民大会堂で今大会に集った代表たちと会見し、彼らに心からの祝意を伝え、「今後も中国の身障者事業の発展に一層精進してほしい」と激励しました。

 李克強中国共産党中央政治局常務委員兼国務院総理、王滬寧中国共産党中央政治局常務委員兼中央書記処書記らが会見に立ち会いました。

 また、会見に参加した王勇国務委員が表彰大会で挨拶に立ち、「習近平による新時代の中国の特色ある社会主義思想を指導思想に、身障者事業に関する習近平総書記の重要な論述と指示の精神を深く学び徹底し、組織による指導を強化し、業務プロセスを健全化し、身障者の小康生活に向けたプロセスを加速し、農村部に住む身障者の貧困脱却に向けた難題解決を断固として進め、身障者の平等な権利を確実に保証することで、身障者事業の健全な発展を促していく必要がある」と強調しました。(Yan、む)

コメント:

コメントはありません