NEWS

中米経済貿易交渉、大事なのは誠意=外交部

 ムニューシン米財務長官は15日、米中双方は第11回ハイレベル経済・貿易協議で建設的な会談を行ったとし、ライトハイザー通商代表と共に、遠くない先に北京で後続協議ができるよう期待していると表明しました。これに対し、外交部の陆慷報道官は16日北京で、「交渉を有意義なものにするには、誠意がなければならない」と述べました。

 陸報道官は、「国際問題対応において、中国側は従来から対話と協議に基づいた問題解決を主張している。中米経済貿易関係における問題に対しても、中国側は対話を通しての解決こそが正しい道だと一貫して主張している」としました。

 さらに、「これまでの中米経済貿易協議は、米側が然るべきルールに背いたことによって困難を来した時にも、中国はできる限り建設的な態度で臨んできた。これについては、国際社会も知るところだ。しかし、私が強調したいことは、交渉を有意義なものにするには、誠意がなければならないということだ。これまでの交渉における米の姿勢について、我々はここで二点強調したい。その一つは原則を重んじること。それはつまり、相互尊重と平等互恵の関係でなければならないことをいうことだ。そして二つ目は信用を守ること。これは言行が一致しており、言ったをころころ変えてはならないということだ」と述べました。(Yan、む)

コメント:

コメントはありません