NEWS

中露国交樹立70周年は盛大に祝賀を=駐露大使

图片默认标题_fororder_B 李辉 图片

 習近平国家主席のロシア訪問を控えた30日、李輝駐ロシア大使が両国メディアの合同インタビューに応じ、今回の訪問や両国関係、協力、「一帯一路」建設などについての質問に答えました。

 その中で李大使は「ここ数年、両国首脳は頻繁に行き来し、戦略的パートナー関係が一層深まっており。実務的協力がさらに安定して進み、人的交流もますます密になり、その協力の成果が両国、そして両国民に利益をもたらしている」と述べ、さらに「『一帯一路』構想が提唱されて6年になるが、中国と沿線各国との協力は絶えずレベルアップしている。中でも2018年の中露の貿易総額は1000億ドルの大台を突破し、記録を更新している」と述べました。

 李大使はまた、「今年は両国の国交樹立70周年を迎える、両国関係の発展にとって一里塚となる時期だ。盛大な祝賀イベントを実施することが、すでに相談の上で決定している」と明らかにしました。(閣、謙)

コメント:

コメントはありません