NEWS

陝西省で野生のトキ、6年間で85羽増加

图片默认标题_fororder_J1-1

陝西省銅川市耀州区のトキ野生復帰地にいるトキ(6月13日、新華社記者劉瀟撮影)

 陝西省銅川市耀州区沮河流域は、秦嶺以北では最初のトキの野生復帰地域です。同地域では2013年以降、合わせて62羽のトキが放鳥されています。今年の繁殖期の終了時には、新たに85羽が生まれたということです。

图片默认标题_fororder_J1-2

陝西省銅川市耀州区のトキ野生復帰地にいるトキ(6月13日、新華社記者劉瀟撮影)

图片默认标题_fororder_J1-3

陝西省銅川市耀州区のトキ野生復帰地にいるトキ(6月13日、新華社記者劉瀟撮影)

 トキは鳥の中でも「東方の宝石」と呼ばれ、20世紀半ばには絶滅の危機に瀕していました。1981年5月23日、陝西省漢中市洋県で野生のトキ7羽が発見されましたが、地球上最後の7羽ともされていました。その後、30年以上にわたる保護活動の結果、中国に生息するトキは2600羽余りにまで数を増やしています。(鵬、星)

コメント:

コメントはありません