NEWS

辛選手が史上初の種目別金=世界水泳選手権

 14日、2019年世界水泳選手権は開催から3日目を迎えました。中国代表はこれまでに金メダル3枚、銀メダル1枚、銅メダル1枚を獲得しています。また、この日、真っ先に行われたオープンウオーターの女子10キロ種目では、中国の有名選手辛鑫(22)が優勝、世界水泳の同競技で中国の選手による初の金メダルを獲得しました。なお、シンクロナイズドスイミングのデュエット・テクニカル・ルーティンに参加した黄雪辰と孫文雁のペアは2位を獲得、男子1メートル板飛び込み競技と女子10メートルシンクロ高飛び込みでも中国選手がそれぞれ金メダルを獲得しています。(殷、む)

コメント:

コメントはありません