NEWS

李総理、ムハンマド・アブダビ皇太子と会談

图片默认标题_fororder_李克强

 李克強総理は22日午前、北京の人民大会堂で、中国を公式訪問しているアラブ首長国連邦のムハンマド・アブダビ首長国皇太子と会談しました。

 席上、李総理は「両国が国交樹立してからの35年間で、関係と協力は安定的に発展してきた。さらに昨年の習近平国家主席のアラブ首長国連邦訪問時、全面的戦略的パートナー関係が樹立された。両国間の経済の補完性は強く、中国は湾岸協力会議の各国との間に自由貿易区協議を推進して、自由貿易により多くの利便性を提供したい」と述べました。

 一方、ムハンマド・アブダビ皇太子は中国の経済発展の将来性に自信を示すと共に、中国との協力や対中投資を一層拡大していく方針を明らかにしました。(閣、星)

コメント:

コメントはありません