NEWS

習主席が福建省村民に手紙を返信 貧困脱却を激励

 習近平国家主席は4日、福建省寿寧県下党郷の村民らに手紙を送り、貧困脱却成功を祝うと共に、村の繁栄に向けて今後も粘り強い精神力を保ち続けてほしいと激励しました。

 習主席は手紙の中で、「過去30年間の弛まぬ努力の結果、下党の村では険しい場所にも道ができ、その様子も見違えるほどの変化を遂げ、村民が幸福感と充足感を満喫している。今後も福建省の特色のある道のりを歩み、貧困脱却の成果をより確実に踏み固め、美しい故郷を建設していけるよう期待している」と記しました。

 今回習主席が返信を送った下党郷は、福建省東部の山奥に位置する村で、1980年代末までは道路もなく大変不便な場所であり、習主席が福建省に勤務していた当時、3回にわたって村を訪れ、貧困脱却のための調査や指導を行った地域でもあります。(閣、む)

コメント:

コメントはありません