PICK UP

第76回ヴェネツィア国際映画祭コンペ部門に中国映画2作出品

 カンヌ国際映画祭・ベルリン国際映画祭と並ぶ世界三大映画祭のひとつ「ヴェネツィア国際映画祭」。今年で76回目を迎え、8月28日~9月7日の日程で開催されます。そのコンペティション部門に当たる金獅子賞のノミネート作品として、婁燁(ロウ・イエ)監督の新作『蘭心大劇院(Saturday Fiction)』(2019)と楊凡(ヤン・ファン)監督の『継園台七号(No. 7 Cherry Lane)』 (2019)が選ばれました。

图片默认标题_fororder_J1-1

 『蘭心大劇院(Saturday Fiction)』は鞏俐(コン・リー)やオダギリジョー、趙又廷(マーク・チャオ)らが主演を務め、1941年の上海を舞台に、鞏俐(コン・リー)演じる于菫が女優として活躍しながらも、日本軍の情報を収集するために連合軍の諜報員として暗躍する姿を描いた作品です。また、オダギリジョーが中国で初出演を果たした作品としても注目を集めています。

图片默认标题_fororder_J1-2

 『継園台七号(No. 7 Cherry Lane)』は1967年の香港を舞台に、男子大学生とシングルマザーとのその娘の間の三角関係を描くアニメ映画で、趙薇(ビッキー・チャオ)や呉彦祖(ダニエル・ウー)、張艾嘉(シルビア・チャン)といった豪華キャストが声の出演に起用されています。

图片默认标题_fororder_J1-3

 一方、日本からは是枝裕和監督がフランスの大女優と初タッグを組む話題作『真実(原題:La Vérité)』がノミネートされています。(ミン・イヒョウ 星)

コメント:

コメントはありません