NEWS

李総理、米企業家代表と会談

图片默认标题_fororder_C-20190911

 李克強総理は10日午後、北京で、中米企業家対話会に参加する米国側の代表らと会談しました。その中で、米国の商工業界の代表と政府の元高官らは中米経済貿易関係についての意見を語りました。

 これを受けて李総理は「中米両国は、それぞれ世界最大の発展途上国と先進国であり、利益を広く共有している」とし、「中国は、さらなる開放を推進し、企業運営の市場化、法治化、国際化の樹立に努めている。わが国に登録された企業に対しては、国内企業も海外企業も同様に扱い、知的財産権をより重視し保護している。広大な市場を持つ中国は、米国を含む各国の企業による投資や中国企業との協力拡大を歓迎し、さらなるウィンウィンの関係を実現させる」と語りました。

 米国側の代表らは、「米国企業は中国の開放拡大の新たな動きを励みとしている。目の前の中米経済貿易摩擦は、長い目をもって取り扱うべきだ」とし、中国との経済関係を弱体化させるやり方に反対するとともに、「米中の経済貿易関係が解体される様を、決して見たくはない」と表明しました。(李、謙)

コメント:

コメントはありません