NEWS

第11回中米ハイレベル政党対話、北京で開催

 中国共産党中央対外連絡部が主催した第11回中米ハイレベル政党対話が18日、北京で開かれました。

 米国の共和党と民主党及び重要なシンクタンク、企業並びに中国の中央政策研究室、商務部などの代表およそ50名が出席し、「中米間の政党及び中米関係」を巡って、話し合いました。

 中国共産党中央対外連絡部の宋涛部長は開幕式に出席し、基調演説を行いました。

 その中で、宋部長は「両国が国交関係を樹立してから40年、双方の関係は歴史的な進展を遂げる一方、新しい挑戦にも直面している。両国関係を維持し、発展させることは、両国及び両国民の利益に合致すると同時に、世界各国の利益にも符合している。両国の政党及び政治家は両国の首脳が達成したコンセンサスに基づいて、両国関係を時代発展の流れに向かわせるべきである。対抗せず、連携を強め、対話や協商によって齟齬や問題を解決すべきだ。この政党間対話といったメカニズムを通して、両国民により大きな利益をもたらし、人類の麗しい未来に新たな貢献をするよう期待している」と語りました。

 これに対して、米国の元商務長官で民主党の代表であるゲイリー・フェイ・ロック氏及び共和党の代表であるジャクソン氏らは、「米中関係は当面の世界で最も重要な二国間関係である。両国関係をいかに発展させるかということは、世界にとって直接的な影響がある。両国の政党及び指導者は民衆の福祉増進を目標に、互恵協力を促進して、適切に意見の食い違いを処理すべきだ。双方がいち早く貿易摩擦を終えて、両国関係の長期的な発展の礎をできるだけ損なわないことを望む」との考えを示しました。(非、星)

コメント:

コメントはありません