NEWS

中国側の正常な軍事行動を妨げる行為の停止を要求=外交部

 中国の空母編隊が17日に台湾海峡を通過した際、米軍と日本の艦船が空母を追尾して警戒監視を行いました。これを受けて、外交部の耿爽報道官は18日に北京で開かれた定例記者会見で、「中国側は中国の正常な軍事行動を妨げるすべての行為を停止するよう関係方面に要求した」と表明しました。

 また、中国海軍の報道官によりますと、11月17日、中国二隻目の空母が台湾海峡を通過し、南海へ向かって関連海域における科学実験や定例訓練を行うということです。今回、地区に跨って国産の空母によるテストや訓練を展開させることは、空母建造過程において正常な流れであり、特定の目標に対するものではなく、当面の情勢に関わるものではないとしています。(非、星)

コメント:

コメントはありません